Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes

法人・事業者さま向け

土地活用
トップへ戻る
パナソニック ホームズ > 土地活用 > 法人・事業者さま向け > PRE/公的不動産

官×民の相乗効果で地域を再生・活性化

公的不動産の本来の目的をそのままに、財務的な視点から見直して民間と協働・連携していくことで、
その価値を向上させるという考えが普及しています。パナソニック ホームズは、国や地方自治体が抱える課題に、
さまざまな角度からアプローチすることで、新しい価値を生み出し、地域の再生・活性化をめざします。

国や地方自治体が
抱える課題を解決へ

国・地方自治体ともに財政状況は依然として回復しておらず、歳出削減を進め財政健全化を図ることが課題となっています。
さらに、1960~70年代に集中して建設された公共施設の老朽化による維持・管理コストの増加や、
少子高齢化などによる公共施設に対する住民ニーズの変化などへの解決が急がれています。
パナソニック ホームズは、社会のニーズに応えるご提案で、これらの課題を解決に導きます。

地方財政の借入金残高の状況

地方財政の財源不足の状況

※出典:総務省「地方財政の借入金残高の状況」「地方財政の財源不足の状況」

遊休地の有効活用
(他用途への転用・賃貸など)

地域ニーズに沿った施設への転用や、不動産の特性を活かした有効活用で地域社会に貢献しながら、維持・管理コストを軽減します。

保有不動産の
情報整理と売却

保有不動産の財産情報を集約・整理していきます。不要な不動産を売却することで、財源の確保や維持・管理コストの削減を実現します。

PPP・PFI方式、
リースバックなどの活用

PPP・PFI方式やリースバックなど、さまざまな手段で資金を調達可能。民間の資金とノウハウを活用することで選択の幅が広がります。

PPP方式Public Private Partnership

公共施設の整備・運営や公共サービスの提供にあたって、民間事業者の資金やノウハウを幅広く活用する手法。公共サービスの提供に民間が参画する手法を幅広く捉えた概念です。

PFI方式Private Finance Initiative

建設、維持管理、運営を民間の資金、経営能力、技術力を活用して効率化やサービスの向上を図る公共事業の手法(PFI法にもとづく事業)。国や地方自治体はそのサービス提供に対して対価を支払う。

コストを抑えながら
効果を生み出すPRE戦略

財産の把握・評価

土地や建物の現状を把握し資料収集や実態調査を実施。PRE戦略におけるさまざまなリスクを想定し、課題を抽出していきます。

ソリューションのご提案

施設の老朽化や社会情勢など、さまざまな状況を考慮し課題解決策をご提案。基本方針を決定し具体的にシミュレーションを行います。

PRE戦略による有効活用の手法

パナソニックの総合力を活かした多彩な活用メニューで、不動産の特性にあわせて的確なプランをご提案いたします。

あなたの資産を
次世代へと継承する
「パナソニックの土地活用」

人びとの暮らしを見つめその暮らしの向上を探求してきた、パナソニックの100年。
パナソニック ホームズは創業者 松下幸之助の強い使命感から生まれて以来、
土地活用事業においても多くのオーナーさま・事業者さまの長期安定経営をサポートしてきました。
土地活用のご相談はパナソニック ホームズにお任せください。

パナソニック ホームズの事業紹介

注文住宅

分譲住宅・マンション

リフォーム

中古住宅

土地活用