Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes

パナソニック ホームズのこだわり

注文住宅・建替え
トップへ戻る
パナソニック ホームズ トップ > パナソニック ホームズのこだわり > 技術力 > 空気制御技術

空気制御技術

PM2.5や化学物質から住まいの空気を守り、
温度、湿度も快適にコントロール。

空気制御技術イメージ

エコナビ搭載換気システム
HEPA+(プラス)

業界で初めて※1、HEPAフィルターを換気システムに採用。花粉や黄砂だけでなく、PM2.5※2まで対応し、できるだけ外気の汚れを取り込まないよう配慮しています。

※1 2014年9月時点 当社調べ。粒径0.3μmの粒子を99.97%除去するHEPAフィルター搭載の換気システムとして、工業化住宅業界初。※2 PM2.5とは2.5μm以下の微小粒子状物質のことです。

住宅向け「グリーンガード認証」
取得のVOC対策

シックハウスの原因のひとつとも言われている室内空気汚染に対応するため、VOC(揮発性有機化合物)対策にも注力。低トータルVOC材料を採用するなど、徹底した取組みで住宅向けグリーンガード認証を世界で初めて取得しました。

※2016年3月UL社より住宅向けグリーンガード認証を取得。

グリーンガード認証

PM2.5はもちろん、PM0.5も対策業界初のHEPAフィルターを搭載

取り入れられた外気はまず、ベース空間(床下)を通過。穏やかな流れの中、外気に浮遊する粉塵や埃などが沈下していきます。そうしてきれいになった空気は「HEPAフィルター」を通り、さらに浄化。0.3μmの微粒子を99.97%除去します。2つの浄化ステップで、きれいな空気だけが給気され、健やかな空気環境を実現します。

※HEPAフィルターの性能値。工場出荷時の初期性能になります。換気システム全体の数値を示すものではありません。また、0.3μm未満の微小粒子状物質については除去の確認ができておりません。

※2014年9月当社調べ。粒径0.3μmの粒子を99.97%除去するHEPAフィルター搭載の換気システムとして、工業化住宅業界初。

自然の優れた調湿性能を活用調湿建材

珪藻土は、海中の植物性プランクトン(珪藻類)が何百万年もの歳月をかけて堆積・化石化した鉱物の一種。非常に小さな孔が無数に空いているため比表面積が大きく、高湿度状態では吸湿、乾燥時には放湿して、優れた調湿性能を発揮します。乾燥剤や除湿剤のように1度湿気を吸うと化学変化を起こすのとは異なり、気体の状態で細孔内に水分を保持するので、何度でも吸放湿を繰り返し調湿効果は長続きします。パナソニック ホームズではとくに北海道稚内産の珪藻土に注目。その吸放湿性能は一般の珪藻土の約3倍、木炭の約8倍にも達します。

稚内産の珪藻土

世界初住宅向け「グリーンガード認証」取得世界基準のVOC対策

パナソニック ホームズは積極的にホルムアルデヒド低放散材料(F☆☆☆☆)や、ホルムアルデヒド以外の化学物質にも配慮した低トータルVOCの材料を採⽤するなど室内空間における化学物質の放散を極⼒抑えるよう配慮しています。徹底した取組みにより、日本の品確法による指針をクリアするのはもちろん、300を超える化学物質について基準値が定められた世界基準の厳しい住宅向け「グリーンガード認証」を世界で初めて取得しています。

※グリーンガードは、UL LLCの登録商標です。 ※仕様により、本認証対象外となる場合があります。 ※本認証は邸毎にVOC濃度を保証するものではありません。また、個別に測定・認証する制度ではありません。(お客さまの建物毎に認証書の発行はいたしません。)

品確法による指針とグリーンガード認証の比較

  品確法による指針 グリーンガード認証
対象物質 5物質 300物質超
トータルVOC濃度 - 500μg/㎥以下

担当者の声

「エコナビ搭載換気システム」研究担当者の声

健康で快適に、環境負荷を抑えて生活していただくためには、居住環境に関する技術が重要になります。だからこそ技術の押し売りではなく、本当にお客さまのためになるかを常に意識するようにしています。

辻 正雄

あなたの「答え」が
きっとある、
パナソニック ホームズの注文住宅

技術力トップへ戻る


2018年4月、パナホーム株式会社は、パナソニック ホームズ株式会社に社名変更いたしました。