Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes

運営:パナソニック ホームズ不動産

パナソニック ホームズ トップ > 中古住宅の売買 > お役立ちコラム一覧 > 家を輝かせるのは、内面から。

匠のリフォーム

第4回おしゃれなリフォームだったら、「収納プラン」を最優先♪

大池 敦子(くらしの知恵 ほろto 代表)

おしゃれなリフォームだったら、「収納プラン」を最優先♪
第2回 家を輝かせるのは、内面から。

どんなに外観がキレイでも、散らかり放題の家の中では、豊かな暮らしをおくれるはずがありません。あふれるモノの整理と一緒に暮らし方を一度リセットすることが必要ですね。“いい女は、内面を磨く”と同じことかしら。

散らかっていることに慣れるのが、暮らしの赤信号。

リフォームの依頼を受け、10数年ぶりに訪れたお宅は…リビングの大型ソファの背もたれに掛けられたままの洋服、ダイニングテーブルの上には、朝食時に使った醤油、ふりかけが出したまま、かわいいカバーのティッシュBOXも当たり前のようにテーブルの上…いろんなお宅でよく目にする散らかり方です。イキイキとした生活感は大歓迎だけど、イヤな生活臭はいただけません。

施工前キッチン:
調味料などむき出しでカウンター上には食洗機が設置してあり雑然としております

施工前キッチンカウンター:
ダイニングからも背面丸見えの食洗機と給排水

大容量のシステムキッチンなのに、なぜか収まりきらない鍋や食料品が“所狭し”と並び、調理スペースは猫の額ほど。キッチンとリビングの間仕切りの役割となるカウンターの下に置かれた大量のペットボトルが行く手を阻む…LDKだけに、目を伏せたくなる悲しい現実がそこにあります。

収納プランを得意としている私への依頼で一番多いのが、「洋服の収納場所の確保」と「ゴチャゴチャの押入れの整理」のアイデアプラン。今回も散らかったLDKに片目をつむりながら、押入れのある部屋へと向かいます。あ〜っ、口出ししたい。

施工後キッチン:
調味料なども収納場所を確保、食洗機を移動し居場所を決め、給排水もすっきり

施工後キッチンカウンター①:
既存のカウンターをリメイクし
すっきりしたカウンター

施工後キッチンカウンター②

「収納」のキッカケとなるライフサイクルを見逃さないように。

和室の長押には、まるで洋服屋さんかと思うほどにズラリと並んだ洋服。洋服ダンスに入りきれない服が、ほかの部屋の壁にもあふれています。
押入れもやはり細々したモノであふれています。小さなモノの上に大きなものが置かれて、背の高い収納ラックが手前にある…これでは、下や奥のモノは取り出せません。

実は、押入れは、生活様式が大きく変わった今でも、ずっと昔から同じ建付けで、かなり使い勝手が悪いまま。私のリフォームでも、押入改造により収納効率を上げることが大きなテーマのひとつといえます。

施工前押入れ:
天袋のある一般的な押入れ(左横のTVの奥は半間の床の間)

現在、「収納」をテーマにしたテレビ番組や雑誌などが花盛りで、収納のお悩みは永遠のテーマ。みなさん散らかった家で暮らしていることへの罪悪感が少なからずあるのでしょうね。

リフォーム依頼のキッカケは、子供さんの独立が多いようです。「子供の独立で空室になった」「子供たちが孫を連れて帰った時の広いくつろぎの場所が欲しい」「老後に向け、いらないものを処分したい」「掃除しやすい収納にしたい」そして最近、「嫁入りダンスを思い切って捨てるか、狭くても我慢して置いておくか」…そんな悩ましい声をよく耳にするようになりました。

施工後押入れ:
押入れ+床の間+畳2枚分を一つにウオークインクローゼットにリフォーム
箪笥2台をWCLの壁に組み込み地震対策にも万全に

家を増築したり、転居したりしなくても、片付ける方法は山ほどあります。ひとりで悩まず、収納のプロへの相談や収納セミナーでお勉強するなど、これをキッカケに人生のリセットを試みてはいかがでしょうか…

次はいよいよ収納についていろんなアイデアをご紹介します。次回をお楽しみに。

大池 敦子(おおいけ あつこ)氏

匠の紹介:大池 敦子(おおいけ あつこ)さん

くらしの知恵 ほろto 代表
収納と古民家リフォームに特化したインテリアデザイナー

大池 敦子(おおいけ あつこ)さんのオフィス「くらしの知恵 ほろto」はこちら

※プロフィールは、取材当時のものです。

記事一覧匠のリフォーム


0570-027-040 0570-027-040

パナソニック ホームズの事業紹介

注文住宅

分譲住宅・マンション

賃貸住宅経営

土地活用

リフォーム

中古住宅